赤ちゃんの便秘の体験談を集めてみました。

赤ちゃんの便秘解除法

ちの子は生後半年ぐらいから、便秘が酷くて、いつもお腹パンパンだった。

 

あまりにもお腹がパンパンで、お風呂でマッサージしてもダメで、運動させてもダメで…

 

病院に受診をしてみると、あまりに便秘が酷いと脳にガスが流れてボーっとしたり、おかしな行動するから気を付けなと言われて、帰宅。

 

処方された薬はなく、1つ聞いたことは、サラダ油を綿棒につけて刺激を与えるといいと教えてもらって、帰ってきた。

 

さっそく、帰ってきてやってみた。

 

すると、どこにこんなに入ってたんだって思うぐらいの量が出た来て、ビックリ。

 

お腹のはりもなくなって、スッキリしたような顔してた。

 

それから、お腹が張ってくると、お腹マッサージから始まって、それでもダメなら再度挑戦。

 

でも、病院の先生に癖になるからあまり赤ちゃんにやり過ぎるのはよくないよって忠告された。

 

大人が便秘の時に下剤を飲んで癖になるのと同じ感覚なんだろうなぁ。

 

それから、なるべくお腹をひねったりする体操させたり、足を動かしたり、なるべく動かすようにしてたら、便秘もよくなり、順調順調。

 

脳に影響が出るぐらい便秘って怖いものなのかなって実感すると共に大人になっても食生活と運動には気をつけて生活してくことに心がけてかないと老後も苦労するかなと実感した経験でした。

 
 
私が子供にした便秘対策法

女の子の赤ちゃんは便秘になりやすいと聞いたことがあり、実際姪っ子が便秘でとても悩んでいました。
私が女の子を出産したときに、まず最初に思ったことが、絶対に便秘にならないようにしないと、ということでした。

 

私の娘はミルク育児だったのですが、人肌くらいに冷ましたミルクではちょっとウンチが出にくかったので、まずミルクを与えるときは、なるべく人肌より冷たい温度にしたりして与えていました。

 

そうすると毎日ウンチが出るようになりました。

 

ちょっと出にくい日はお腹をマッサージしてあげるとすんなり出るようになりました。

 

また、ミルクを卒乳して牛乳を飲むようになったのですが、毎日朝と夜に必ずコップ一杯の冷たい牛乳を飲ませることで、毎日必ずウンチは出ています。最初は朝だけに牛乳を飲ませていたのですが、朝だけだと出ない日もあったので、1日2回飲ませるようにしています。

 

その子の体質にもよるかと思いますが、牛乳は便秘対策にかなりいいと思います。

 

ちょっとお腹の調子が悪い時は牛乳を飲ませないのですが、そうするとやはりウンチは出ていないように思います。

 

 

牛乳だけに限らず、ヨーグルトも便秘対策に効果があると聞いたことがあるので、ヨーグルトでもいいかもしれませんね。

 
 
経験からの便秘対策

赤ちゃんの時はよく便秘で悩まされました。何日かでないと、便秘が原因で機嫌が悪くなったり、高熱が出たりと色々とからだの不調が出たりするので、早めに対処したいところです。

 

でも、最初の子供の時はどのように対応したらよいのかわからず、便秘が原因で熱が出たり、からだの不調がでたり、機嫌が悪くなったりという症状が出るという事もわからなかったので、機嫌が悪いのが何がげがわからず、戸惑い、先輩ママさんたちに色々と相談し、アドバイスをもらい、対策を聞いたりして対応していたのを覚えています。

 

そんな時じっさいにやって効果があったことは、お腹をのの字にマッサージしてあげたり、綿棒にベビーオイルをぬったものを、お尻に綿棒の頭の部分が全部入るくらいまでスルッと差し込んで、くるくると回転させて刺激してあげて、綿棒を抜き取ると、その後驚くほど大量のうんちが出てすっきりご機嫌になってくれたことを覚えています。
食べ物では、ヨーグルトにリンゴをすりつぶしたものを食べさせると効果がありました。

 

白湯を飲ませるのもいいと思います。

 

後は、離乳食にももちろんですが、母乳を飲ませるお母さんも、根菜類など食物繊維が豊富なものを多く食べたりする事も大事だと教えていただきました。

 
 
生後一週間からの便秘との闘い

産院から退院して直ぐに便秘になった息子。ミルクが合わないのか、母乳の質が悪いのか、随分と悩みました。

 

「の」の字マッサージも全く効果はありませんでした。

 

寝不足な頭で病院から貰った冊子を読んだり、ネット検索をしたり。あまりに溜め込んでもいけないので、綿棒浣腸をする事にしました。

 

初めは恐る恐る行っていましたが、慣れてくるとどうって事もなく。

 

息子も、お腹パンパンでいるよりは心なしか機嫌が良いように思いました。

 

三日出なければ綿棒浣腸、と決めており、沢山出たらまた三日後、コロコロと少量しか出なかった場合は翌日もしていました。
生後4ヶ月辺りには、腹筋も付いてきたのか、ちょっとずつ出るように。

 

しかし、離乳食が軌道に乗り始めた6ヶ月あたりから再びの便秘。

 

ちょっと懐かしいな…と思いながらまた綿棒浣腸をしていましたが、肛門が切れた事から病院へ。

 

浣腸をしてもらい、整腸剤を処方してもらいました。が、それっきりでまた便秘。赤ちゃんの小さな身体の中にどれだけ溜まってるんだろう…と不安になり、別の病院へ。ヨーグルトとすりおろしリンゴを食べさせるよう言われました。

 

まだ両方とも食べさせた事がなかったので、ヨーグルトを少量から食べさせましたが、コロコロが少量出るだけ。

 

しかし、すりおろしリンゴを食べさせ、少しずつ量を増やして行くと、ある日突然スッキリ出ました!初めは下痢か??とびっくりしましたが、そうではないようで。
一週間ほど続いて食べさせると、排便が習慣になったようで毎日出るように。

 

沢山食べさせても下痢にはなりません。うちの子には、リンゴがぴったり合ったようです。

 
 
便秘の解消法

現在8ヶ月になる息子がいます。生後3ヶ月頃から、ウンチが2日に1回程度になりました。

 

私が便秘症なので、2日出ないことにも特に疑問を持たず過ごしてました。病院の先生に話すと便秘に寛容だねって言われましたが 笑。

 

赤ちゃんは消化器官が未発達なのであまり神経質になっても仕方ないかなと。

 

そんな私も3日間でないと気になり、赤ちゃんのお腹にのの字を書きならがら「ウンチ出ろ出ろ」と、おまじないをかけ、4日目にはお尻を綿棒で刺激していました。

 

お尻の穴に綿棒を入れて、優しくひと回しをします。

 

しばらくすると溜まっていたものが大量に!すっきりしてうれしそうにしてました 笑。綿棒は癖になるかなぁ…と、抵抗があったのですが、徐々にリズムも出来てきてたので、優しい刺激で回数も少なくやれば問題ないと思います。

 

8ヶ月目の現在では、3日目になるとお尻ふきを使って、お尻の入り口を軽く刺激してます。また離乳も食べるようになったので、りんごやかぼちゃなどお通じに良さそうなものを積極的にあげるようにしてます。中でもうちの子は、かぼちゃを食べた次の日は、快調です。

 

まだ2日に1回のペースですが、こちらが刺激をすることは少なくなり、自分でウンチが出来るようになりました!